一万円を透かす
注文の種類と損切り

先物取引をしたいという場合は、指値注文と成行注文の基本を抑えることが大事です。特に指値注文には、逆指値注文というのが存在します。逆指値注文は、利益を得るために使われます。

パース 青空とマンション
エリア選び

投資には沢山の種類があります。投資用ワンルームマンションの購入を考えている方もいるでしょう。投資用ワンルームマンションを購入するならエリアは慎重に選びましょう。発展性のあるエリアに購入することにより投資がうまくいきます。

札束
大家さんになるために

大家さんになるには物件を所持し、貸し出すことで誰でも大家さんになることが出来ます。サラリーマンをしながら大家さんをしている方はいます。忙しいでしょうが、副収入を手にすることが出来ます。

田園風景
投資の業者

投資家の方は様々な投資を行なっています。そんな中、バイナリーオプションが人気を集めています。バイナリーオプションの魅力は短期間で投資の結果が分かることにあります。また、投資には業者選びが大切です。

キーとモデルハウス

安全な投資

1万円札束の上に小さなビジネスマン

不動産投資は、比較的確実で安全な資産運用だと言われています。しかし、そんな不動産投資でも失敗してしまうことはあります。 不動産投資の失敗例の1つに、収益物件の借主が見つからないというものがあります。不動産投資方法の1つに、所有する物件を他人に貸して家賃収入を得るという方法がありますが、この方法は借主がいなければ成立しない方法です。 家賃収入を得ることを、インカムゲインと言います。株式投資の場合は配当、預貯金の場合は利子がインカムゲインです。 他の資産運用と比較すると分かりますが、不動産投資のインカムゲインの場合は自動的に得られるものではないのです。得るためには、自ら何らかの策を講じなければならないのです。何も策を講じない、あるいは講じた策が適切ではなかった場合、まったくインカムゲインは得られないこととなり、不動産投資は失敗してしまいます。

では、どうすれば失敗を免れるのかというと、収益物件の数を増やせば良いのです。収益物件が1つしかなければ、当然、借主が見つからず、家賃収入が得られないリスクは高くなります。いくら、魅力的な収益物件であっても同じです。 しかし、複数の収益物件を所有していれば、その数が多ければ多いほどリスクは低くなります。仮に10の収益物件を所有していたとして、そのすべてで借主が見つからないということは考えにくいのです。これは、確率の問題です。 そういうことですから、失敗を免れる最善策は賃貸マンション経営ということになります。ただ、そうなると多額の資金が必要になると考えてしまうことでしょう。 もちろん、多くの資金は必要となりますが、中古マンションを購入すれば、少ない資金でも十分に可能です。中には、マンション1部屋分の価格で、丸ごと1棟販売されている中古マンションもあります。ですから、用意できる資金が少なくても、決して不可能なことではないのです。